新海征治(読み)しんかい せいじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新海征治 しんかい-せいじ

1944- 昭和後期-平成時代の応用化学者。
昭和19年7月5日生まれ。長崎大助教授などをへて,昭和63年九大教授。平成20年崇城大教授,九州先端科学技術研究所所長。分子認識メカニズムの解明とその技術を開発し,ナトリウムイオンや炭素分子「フラーレン(C60)」を効率よく分離することに成功するなど,分子レベルのナノテクで世界の注目をあつめる。福岡県出身。九大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新海征治の関連情報