コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新生児とは何か しんせいじとはなにか

家庭医学館の解説

しんせいじとはなにか【新生児とは何か】

 新生児をその在胎(ざいたい)週数や出生体重から分類することは、統計上の目的だけでなく、病気を予想して適切な新生児管理を行なううえでもたいせつです。
 出生時の体重で分けると、2500g未満の新生児を低出生体重児(ていしゅっしょうたいじゅうじ)、1500g未満の新生児を極(ごく)低出生体重児、1000g未満の新生児を超(ちょう)低出生体重児といいます。また、日本では4000g以上の新生児を巨大児(きょだいじ)と呼んでいます。
 出生時期で分けると、在胎37週未満で生まれた場合を早産(そうざん)、在胎37週から42週未満を正期産(せいきさん)、42週以上を過期産(かきざん)といいます。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android