コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

方向性ケイ素鋼板 ほうこうせいケイそこうはんgrain-oriented electrical Si-steel sheet

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

方向性ケイ素鋼板
ほうこうせいケイそこうはん
grain-oriented electrical Si-steel sheet

全体が磁化されやすい方向を持つ結晶粒から成る鉄に約4%のシリコンを含む鋼板。磁化されやすさ (磁化率) は,結晶方向のほか結晶粒の大きさ,粒内の構造欠陥密度に依存するため,数回の圧延加工と焼なましを繰り返し,最終的には約5%程度で圧延方向と所要の結晶方位を一致させ,しかも粗大結晶粒の集合組織とする。この鋼板 (厚さ 0.5mm以下) は高透磁性材料として電力用変圧器の鉄芯 (てつしん) 材として用いられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

方向性ケイ素鋼板の関連キーワードケイ素鋼残留磁化

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android