コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

結晶粒 ケッショウリュウ

デジタル大辞泉の解説

けっしょう‐りゅう〔ケツシヤウリフ〕【結晶粒】

多結晶を構成する個々の単結晶。また、結晶粒どうしの境界粒界という。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

結晶粒
けっしょうりゅう
crystal grain

金属材料のように、見かけは一様にみえる固体を顕微鏡で観察すると、1000分の1ミリメートルから10分の1ミリメートル程度の不規則な形をした微結晶の集まりになっていることが多い。その微結晶を結晶粒という。一般に結晶粒が小さいほど金属材料の機械的強度は大きいが、逆に化学的腐食に対する耐性は低くなる傾向がある。[岩本振武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

結晶粒の関連キーワードセリエイトインターサータル模様セリエイトポーフィロイド模様セリエイトホメオイド模様センチメーター粒度マイクログレイン状センチミクロン粒度セリエイト斑状模様コンプロマイズ境界プルヴェルライトデシミクロン粒度方向性ケイ素鋼板ニュー・グレインミリメーター粒度ファコイド状組織焼きなまし組織メソグレイン状リューダース帯シンタキシャルミクロン粒度状全変晶質組織

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android