コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

結晶粒 ケッショウリュウ

デジタル大辞泉の解説

けっしょう‐りゅう〔ケツシヤウリフ〕【結晶粒】

多結晶を構成する個々の単結晶。また、結晶粒どうしの境界を粒界という。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

結晶粒
けっしょうりゅう
crystal grain

金属材料のように、見かけは一様にみえる固体を顕微鏡で観察すると、1000分の1ミリメートルから10分の1ミリメートル程度の不規則な形をした微結晶の集まりになっていることが多い。その微結晶を結晶粒という。一般に結晶粒が小さいほど金属材料の機械的強度は大きいが、逆に化学的腐食に対する耐性は低くなる傾向がある。[岩本振武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

結晶粒の関連情報