コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

集合組織 しゅうごうそしきmetallic texture; fibrous structure

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

集合組織
しゅうごうそしき
metallic texture; fibrous structure

強い加工,熱処理蒸着などによって結晶粒方位がそろってある特定方向をとる組織をいう。この場合組織は全体として,特定方向の結晶粒を束ねたようにもみなされるので,繊維組織ともいう。広義には金属多結晶組織も集合組織であるが,普通は方位性の組織を意味する。集合組織の方位は金属の種類,結晶格子型,加工の仕方によって変化があり,その方位と繊維化の程度はX線回折法で検定される。鋳塊の表層に現れる柱状晶も集合組織の一例である。線引き,強い圧延や鍛造などの強加工では内部まで結晶粒方位がそろい,典型的な繊維組織を示す。これがマクロ的に現れたものをひずみ流線組織という。強加工後加熱による再結晶粒が繊維組織を示すことも多く,これは異方性ケイ素鋼板,異方性磁石鋼 (→MK鋼 ) の製造に利用されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゅうごうそしき【集合組織 crystal texture】

金属などの多結晶材料中に存在する各結晶粒の結晶格子の向き(結晶方位)の分布状態のことで,厳密には結晶集合組織という。ある結晶方位の結晶粒が統計的に多いならば,〈この集合組織には優先方位がある〉という。慣用的には同じ意味で,〈この材料には集合組織がある〉ということが多い。集合組織には次のような種類のものがある。(1)立方晶の金属を凝固させると優先方位([100])が形成される。すなわち,結晶粒は熱流方向に成長し,その大部分の成長方向は[100]方位(図参照)にほぼ平行になる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

集合組織の関連キーワードカッシーニ(Giovanni Domenico Cassini)方向性ケイ素鋼板マクロ組織選択方位ケイ素鋼樹枝状

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

集合組織の関連情報