コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高透磁性材料 こうとうじせいざいりょうhigh magnetic-permeability material

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高透磁性材料
こうとうじせいざいりょう
high magnetic-permeability material

磁化されやすい磁性材料のこと。高圧器や磁気ヘッド,リレースイッチは一種の電磁石だが,その磁芯 (じしん。コア) に使われているのが高透磁性材料である。外部からの弱い磁気の刺激で,何千倍もの磁気が発生する。弱い刺激によって敏感に反応することから,軟磁性材料とも呼ばれる。パーマロイ (鉄-ニッケル合金) とケイ素鋼板 (鉄-ケイ素合金) のほかに,フェライト Mo・Fe2O3 (金属としてマンガン,鉄,コバルト,ニッケル,銅,亜鉛,マグネシウム,カドミウム) やアモルファス合金がある。磁気ヘッド材料としては磁気特性と製造・加工の点からパーマロイが広く使用されているが,最近は耐摩耗性の点から高性能テープ対応の磁気ヘッドとして高硬度パーマロイ (ハードパーム) ,フェライト,鉄-アルミニウム-ケイ素の合金であるセンダストが用いられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android