コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

方言文学 ほうげんぶんがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

方言文学
ほうげんぶんがく

特殊な一地域または階層の方言を用いて書かれた文学で,特に 19世紀の写実主義の文芸思潮のなかで生れたものをいう。方言を民族的文化財として愛惜し,消滅から救って文学のなかに保存しようとする意図に発するもの,また地方色を出したり,民族意識の高揚をねらうものがある。イギリス文学では,スコットランド方言を用いた R.バーンズの詩,ドーセット方言を用いた T.ハーディの小説,アイルランド方言を用いた J. M.シングの戯曲が,その例としてあげられる。ドイツ文学では低地ドイツ語を用いた K.グロート,F.ロイター,スイスのゴットヘルフらがいる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

方言文学の関連キーワードロイター(Fritz Reuter)ラーマーヤナドフレシュートリルッサインド文学海上花列伝スイス文学シチリア派広東方言ヘーベル呉方言マッジ

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

方言文学の関連情報