コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

方言文学 ほうげんぶんがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

方言文学
ほうげんぶんがく

特殊な一地域または階層の方言を用いて書かれた文学で,特に 19世紀の写実主義の文芸思潮のなかで生れたものをいう。方言を民族的文化財として愛惜し,消滅から救って文学のなかに保存しようとする意図に発するもの,また地方色を出したり,民族意識の高揚をねらうものがある。イギリス文学では,スコットランド方言を用いた R.バーンズの詩,ドーセット方言を用いた T.ハーディの小説,アイルランド方言を用いた J. M.シングの戯曲が,その例としてあげられる。ドイツ文学では低地ドイツ語を用いた K.グロート,F.ロイター,スイスのゴットヘルフらがいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

方言文学の関連キーワードロイター(Fritz Reuter)ラーマーヤナドフレシュースイス文学海上花列伝トリルッサシチリア派インド文学ヘーベル広東方言呉方言マッジ

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

方言文学の関連情報