既成概念(読み)きせいがいねん

大辞林 第三版の解説

きせいがいねん【既成概念】

広く社会で認められ、通用している概念。 「 -を破る」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きせい‐がいねん【既成概念】

〘名〙 事物に関して、すでにでき上がり動かしがたいものと一般的に考えられている性質。
※ニュース映画と新聞記事(1933)〈寺田寅彦〉「何等の既成概念もなければ抽象能力もない」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

既成概念の関連情報