コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

既殿奚 こでんけい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

既殿奚 こでんけい

?-? 伴跛(はへ)国(朝鮮)の使者。
継体天皇7年(513)百済(くだら)・新羅(しらぎ)・安羅(あら)の使者とともに大和朝廷に召集され,任那(みまな)北部の伴跛(慶尚北道星州とも高霊とも)が占領した己汶(こもん),および滞沙(たさ)の地を百済にあたえる旨を宣告された。欽明(きんめい)天皇2年の条にみえる加羅(から)(高霊)の古殿奚と同一人ともみられる。「きでんけい」ともよむ。

既殿奚 きでんけい

こでんけい

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

既殿奚の関連キーワード継体天皇

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android