コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

既殿奚 こでんけい

2件 の用語解説(既殿奚の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

既殿奚 こでんけい

?-? 伴跛(はへ)国(朝鮮)の使者。
継体天皇7年(513)百済(くだら)・新羅(しらぎ)・安羅(あら)の使者とともに大和朝廷に召集され,任那(みまな)北部の伴跛(慶尚北道星州とも高霊とも)が占領した己汶(こもん),および滞沙(たさ)の地を百済にあたえる旨を宣告された。欽明(きんめい)天皇2年の条にみえる加羅(から)(高霊)の古殿奚と同一人ともみられる。「きでんけい」ともよむ。

既殿奚 きでんけい

こでんけい

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

既殿奚の関連キーワード正使宣旨の使早馬別使氷魚の使祭の使ひ阿比多縁福物部伊勢父根劉仁軌

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone