コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日ロ戦略対話 にちろせんりゃくたいわ

1件 の用語解説(日ロ戦略対話の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

日ロ戦略対話

安倍政権以降、日ロ間の政治的関係を強化する両国関係での戦略的パートナーシップをさらに具体的にする動き。ロシアは2006年末から経済協力を目指して対日政策を高次に引き上げているが、11月のハノイにおいて日ロ首脳は共通の戦略的利益に基づくパートナーシップの構築をうたった。これを受けて07年から次官級での戦略対話が設けられることとなっている。これは日ロ関係グローバルな次元で、かつ戦略的に引き上げることを目指すものであって、イラク問題や北朝鮮核問題を議題にしているほか、領土問題エネルギーについてなど2国間の問題も検討している。07年1月以降は谷地外務次官の訪ロにより、対話が進展している。

(下斗米伸夫 法政大学法学部教授 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日ロ戦略対話の関連キーワード有名人推奨血縁関係人間関係日ロフォーラム戦略的互恵関係強化因子強化物人的関係会社安倍政権をめぐる政治とカネ規制改革

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日ロ戦略対話の関連情報