高次(読み)こうじ

精選版 日本国語大辞典「高次」の解説

こう‐じ カウ‥【高次】

〘名〙
① (形動) 高い次元。精神的な意味で、程度が高いこと。また、そのさま。
※敗北の文学(1929)〈宮本顕治〉六「矛盾はより高次的な統一によって救はれない限り」
② 数学で、次数が三次以上のこと。
※海に生くる人々(1926)〈葉山嘉樹〉二九「代数は高次までやってしまった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「高次」の解説

こう‐じ〔カウ‐〕【高次】

[名・形動]
次元の高いこと。程度や水準の高いこと。また、そのさま。「人間におけるよりもさらに高次なキリストの愛」⇔低次
数学で、次数が高いこと。ふつう、三次以上をいう。
[類語]高級一流高等高度高段上級上等上質最高級極上最上特上特等特級ハイレベルハイブローハイクラスハイスペックハイクオリティーハイグレードトップクラスハイエンドハイソハイソサエティーエグゼクティブ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android