コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高次 コウジ

デジタル大辞泉の解説

こう‐じ〔カウ‐〕【高次】

[名・形動]
次元の高いこと。程度や水準の高いこと。また、そのさま。「人間におけるよりもさらに高次なキリストの愛」⇔低次
数学で、次数が高いこと。ふつう、三次以上をいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうじ【高次】

高い次元。高い程度。 ↔ 低次 「より-の技術」
数学で、次数が高いこと。普通、三次以上をいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

高次の関連キーワードスクリャービン(スクリアビン):ピアノ・ソナタ 第7番「白ミサ」/piano soloヘリックスコンフォーメーションL. ビゴツキー九州芸術工科大学アウフヘーベンモーガンの公準社会的行動障害分子シャペロン高次脳機能障害非線形・非線型外傷性脳損傷グリコーゲンシステイン分子化合物社会進化論伝蔵(1)陸軍大学校一次構造キリスト

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高次の関連情報