日当(読み)にっとう

精選版 日本国語大辞典「日当」の解説

にっ‐とう ‥タウ【日当】

〘名〙 一日いくらと定めて支払う手当。一日の給料日給
※教部省回達番外‐明治六年(1873)一〇月二七日「本院永続方法確定以前は事務取扱の教導職渾て日たるべき事」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の日当の言及

【延命院日道】より

…大奥女中の醜聞暴露が当局の忌諱に触れたものと見られる。上記実録本では日道(日当(につとう))を初世尾上菊五郎の実子とするが,日道が美貌であったため,うわさにおひれがついての虚構。1878年,河竹黙阿弥の手で《日月星(じつげつせい)享和政談》として舞台化,5世菊五郎が日当に扮し好評を博した。…

※「日当」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android