コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日当 ニットウ

世界大百科事典内の日当の言及

【延命院日道】より

…大奥女中の醜聞暴露が当局の忌諱に触れたものと見られる。上記実録本では日道(日当(につとう))を初世尾上菊五郎の実子とするが,日道が美貌であったため,うわさにおひれがついての虚構。1878年,河竹黙阿弥の手で《日月星(じつげつせい)享和政談》として舞台化,5世菊五郎が日当に扮し好評を博した。…

※「日当」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

日当の関連キーワード「3K」職場/「6K」/「新3K」「ニュース女子」1月2日の放送議員報酬をめぐる全国の動き岐阜市の出張費不正請求問題新進芸術家海外研修制度政務調査費と費用弁償遠距離候補者への対応矢祭町議会の日当制原発停止の影響試算遠距離候補者の辞退関東ツーリズム大学出面・出頬・出頰大阪府の裏金問題遭難救助の仕組み町議報酬の日当制エシュヌンナ法典パーミット大会岐阜市の不祥事車上等運動員立ち前・立前

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日当の関連情報