日給(読み)ニッキュウ

大辞林 第三版の解説

にっきゅう【日給】

一日を単位として決められている給料。
(特に宮中での)その日の当直。その日のつとめ。ひだまい。

ひだまい【日給】

にっきゅう(日給)」に同じ。 「御前なる-の簡に/宇津保 初秋

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

に‐きゅう ‥キフ【日給】

にっ‐きゅう ‥キフ【日給】

〘名〙
① 平安時代以降、宮中殿上人の出仕を記録すること。その日の未(ひつじ)の時までに、日給の簡(ふだ)に記された自分の名のところに出勤のしるしとして放紙(はなちがみ)を貼った。ひだまい。にきゅう。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※古今著聞集(1254)三「束帯にて殿上の日給にはあふべき由、起請有りけるに」
③ 一日を単位として定めた給料週給月給などに対していう。日当
※開化の入口(1873‐74)〈横河秋濤〉四「伍長や司令方にでも見立られる様になれば、日給(キウ)の外に月給を賜り」

ひ‐だまい ‥だまひ【日給】

〘名〙

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の日給の言及

【賃金形態】より

…その形態には二つの基本形態がある。その一つは〈時間賃金〉と呼ばれるもので,時給,日給,週給,月給など,時間賃(金)率と労働時間数を支払基準とする賃金形態である。 もう一つは〈個数賃金〉と呼ばれるもので,出来高給,能率給,業績給など,個数賃率(単価)と出来高量を支払基準とする賃金形態である。…

※「日給」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日給の関連情報