コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本の原爆開発

1件 の用語解説(日本の原爆開発の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

日本の原爆開発

旧陸軍が理化学研究所の仁科芳雄博士に委託した原爆開発の研究は、仁科博士の頭文字をとって「ニ号研究」とコードネームで呼ばれた。このほか旧海軍が京都帝大に委託して進めた「F研究」もあった。核爆発に必要な天然ウランに1%弱含まれるウラン235の分離・濃縮が当時は技術的にできず、開発は失敗に終わった。

(2010-08-18 朝日新聞 朝刊 福島中会 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の原爆開発の関連キーワード入江為常武見太郎玉虫文一西川正治仁科芳雄有山兼孝小川智也清水武雄競走馬理化学研究所 (Laboratory of Racing Chemistry)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone