コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本有線大賞 にほんゆうせんたいしょう

1件 の用語解説(日本有線大賞の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

日本有線大賞

その年に有線放送リクエストの多かった歌手やヒット曲を表彰する賞。1968年より全国有線音楽放送協会の主催で実施されている。グランプリである大賞のほか、大賞候補となる有線音楽優秀賞や、新人賞などの賞がある。各賞の選定は、同協会加盟有線放送局のリクエストセンターに寄せられた楽曲の電話リクエストデータを基に行われる。発表・授賞式の模様はTBS系列全国ネットで生中継され、後日、TBSラジオダイジェスト版が放送される。例年、12月に開催・放送されてきたが、2010年、12年は11月に開催された。45回目となる12年は氷川きよしが史上最多となる7回目の大賞を受賞した。

(2012-11-18)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本有線大賞の関連キーワード有線放送有線放送電話有線有線電話リクエスト有線放送電話法リクエストプログラムドラゴンクエストIプリーズ・リクエスト有線放送権

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日本有線大賞の関連情報