後日(読み)ごじつ

精選版 日本国語大辞典「後日」の解説

ご‐じつ【後日】

〙 ある事柄が起こった後の日。ある事件がすんだ後の日。他日。ごにち。こうじつ。
※恋慕ながし(1898)〈小栗風葉〉二九「自分は上富坂の銀次と発して、後覧の通り為効無(しがね)えもんでござんす。何卒後日(ゴジツ)にお見知り置かれて、行末万端御昵懇にお願申しやす」 〔書経‐盤庚上〕

ご‐にち【後日】

※延喜式(927)一三「凡六月。十二月神今食。十一月新嘗祭神態(かんわざ)畢。後日平旦。神祇官祭御殿
平家(13C前)一「京童部の申し候はむ事、後日(ゴニチ)〈高良本ルビ〉の難にや候はんずらむ」

こう‐じつ【後日】

〘名〙 =ごじつ(後日)易林本節用集(1597)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「後日」の解説

ご‐じつ【後日】

その日よりあとの日。ある出来事よりもあとの日。他日。「後日伺います」「後日になって真相を知る」
[補説]古くは「ごにち」「こうじつ」ということが多かった。
[類語]後年他年何時か近日いずれそのうちやがて近近ちかぢか近近きんきん遅かれ早かれ早晩追ってじきすぐ直ちに早速じきすぐにすぐさまもう間もなく程なく今に追い追い追っ付けきた日ならずして他日不日又の日近く遠からず

ご‐にち【後日】

ごじつ(後日)」に同じ。
「―改めて御話し申すことといたしましょう」〈鉄腸・花間鶯〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳「後日」の解説

後日

日本ではいつか、またの日。中国ではあさって。「後天」が日用的。約束の日を間違えないように。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android