コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

氷川きよし ひかわ きよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

氷川きよし ひかわ-きよし

1977- 平成時代の演歌歌手。
昭和52年9月6日生まれ。平成12年「箱根八里の半次郎」でデビューし,日本有線大賞,日本レコード大賞の最優秀新人賞を受賞,同年NHK紅白歌合戦に初出場。20年には紅白歌合戦で大トリをつとめる(「きよしのズンドコ節」)。デビュー以来,演歌のほかポップス系楽曲など幅広く歌い,毎年のように日本ゴールドディスク大賞,日本レコード大賞,日本作詩大賞などで受賞を重ねる。25年には「満天の瞳」で8度目の日本有線大賞。主なヒット曲はほかに「番場の忠太郎」「一剣」「虹色のバイヨン」「」など。平成13年には「やだねったら やだね」が新語・流行語大賞のトップテンに入賞。福岡県出身。福岡第一商業高卒。本名は山田清志。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

氷川きよしの関連キーワードちょいときまぐれ渡り鳥あの娘と野菊と渡し舟大井追っかけ音次郎きよしのソーラン節ときめきのルンバ愛しのテキーロ三味線旅がらす山咲カンナ星空の秋子浜菜みやこ篠ヶ谷美穂芦田昌太郎倉田みゆき駒井千佳子飯田千賀日毬夏希住吉晃典新屋胡実川口丈文松井天斗

氷川きよしの関連情報