コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

氷川きよし ひかわ きよし

1件 の用語解説(氷川きよしの意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

氷川きよし ひかわ-きよし

1977- 平成時代の演歌歌手。
昭和52年9月6日生まれ。平成12年「箱根八里の半次郎」でデビューし,日本有線大賞,日本レコード大賞の最優秀新人賞を受賞,同年NHK紅白歌合戦に初出場。20年には紅白歌合戦で大トリをつとめる(「きよしのズンドコ節」)。デビュー以来,演歌のほかポップス系楽曲など幅広く歌い,毎年のように日本ゴールドディスク大賞,日本レコード大賞,日本作詩大賞などで受賞を重ねる。25年には「満天の瞳」で8度目の日本有線大賞。主なヒット曲はほかに「番場の忠太郎」「一剣」「虹色のバイヨン」「櫻」など。平成13年には「やだねったら やだね」が新語・流行語大賞のトップテンに入賞。福岡県出身。福岡第一商業高卒。本名は山田清志。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

氷川きよしの関連キーワード淡谷のり子村田英雄アイ ジョージ石川さゆり五木ひろし岸洋子小坂一也ちあき なおみディック・ミネ林伊佐緒

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

氷川きよしの関連情報