選定(読み)えらびさだむ

精選版 日本国語大辞典「選定」の解説

えらび‐さだ・む【選定】

〘他マ下二〙 選んでそれに決める。選定する。
※宇津保(970‐999頃)内侍督「勝つものならば、そのあそび人ども、すまひ人どもはえらびさだめてん」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「選定」の解説

せん‐てい【選定】

[名](スル)多くの中から目的・条件などに合うものを選び定めること。「委員を選定する」
[類語]選択セレクト取捨選ぶふる選考選別ピックアップより分けるすぐる選び出す選び取る選り出す選出する取捨選択二者択一選り取り見取り抽出

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の選定の言及

【文化財】より

…なお周知の遺跡を学術調査や土木開発のために発掘するときは,事前に届け出ることを義務づけている。 文化財の大半は指定を受けることによって保護されるが,そのほかに〈選定〉という行為が行われている。一つは宿場町,城下町,農漁村などの伝統的建造物群保存地区を,市町村が都市計画または条令によって定め,その価値の高いものを文化庁が選定するものである(町並み保存)。…

※「選定」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android