コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有線放送 ゆうせんほうそうwired broadcasting

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

有線放送
ゆうせんほうそう
wired broadcasting

有線放送業務の運用の規正に関する法律」では「公衆によって直接受信されることを目的とする有線電気通信の送信」と定義されており,有線ラジオ放送と有線テレビ放送の2類型がある。ラジオ,テレビの共同受信,再送信のほか,市町村,学校,工場の告知放送,飲食店,理容院などへ音楽を流しているいわゆるミュージック・サプライ,街頭放送などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ゆうせん‐ほうそう〔イウセンハウソウ〕【有線放送】

限定された区域対象に、電線で電気通信設備と結んで行う放送。街頭放送や農村における連絡放送、喫茶店などへの音楽放送などに利用される。有線ラジオ放送。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

有線放送【ゆうせんほうそう】

有線により,音楽,広告等を放送するもので,1区域内の公衆や,道路,広場,公園等の公衆を直接対象とする(街頭放送)。また近年は都市の飲食店を主な対象に有料で音楽を提供する分野の発展がめざましい。
→関連項目放送有線電話

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゆうせんほうそう【有線放送】

有線電気通信設備(電話線など)を使い,音声や音響および映像を特定の地域,対象に対して送信することをいう。一般の放送が無線を使い不特定多数を対象にするのと対比される。日本では,第2次大戦後,農村などラジオ受信機が普及していない地域のラジオ共聴施設として誕生し,村や農協の告知放送も行った。これに電話を併設したものが有線放送電話である。都市では街頭や広場で音楽や広告を行う有線放送(街頭放送)も生まれた。1960年代に入ると都市の飲食店を中心に,音楽を提供する〈ミュージック・サプライ〉が有線放送の一分野として発達した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ゆうせんほうそう【有線放送】

主に農村部を中心に設けられている、放送と電話の二つの機能をもつ施設。また、その放送。
飲食店などの加入契約者に対し、有線で音楽などを送る施設。また、その放送。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

有線放送の関連キーワード株式会社インテリジェンスホールディングススカパーJSATホールディングスケーブルテレビ(CATV)ゼニス・エレクトロニクスIPマルチキャスト放送著作権等管理事業法オフトーク通信ニューメディア有線放送電話法電波監理審議会日本有線大賞テレサ・テン告げ知らせる浜崎あゆみ内田あかり著作隣接権IPラジオ公衆送信権再放送権村山由佳

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

有線放送の関連情報