コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本洞上聯灯録 にほんとうじょうれんとうろく

世界大百科事典 第2版の解説

にほんとうじょうれんとうろく【日本洞上聯灯録】

日本曹洞宗の僧伝。全12巻。著者は江戸青山の青松寺第20世嶺南秀恕(れいなんしゆうじよ)で,30余年間におよぶ資料収集を行ったうえ,1727年(享保12)道元以下743人の僧伝執筆を完了,その出版は15年後の42年(寛保2)であった。嶺南は《日域洞上諸祖伝》(1693)など,それ以前の僧伝の誤りや不足部分を検討し補訂することに努力し,各巻末に〈考証〉を付した。《大日本仏教全書》《曹洞宗全書》に収録。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本洞上聯灯録の関連キーワード心越興儔