コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本洞上聯灯録 にほんとうじょうれんとうろく

1件 の用語解説(日本洞上聯灯録の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

にほんとうじょうれんとうろく【日本洞上聯灯録】

日本曹洞宗の僧伝。全12巻。著者は江戸青山の青松寺第20世嶺南秀恕(れいなんしゆうじよ)で,30余年間におよぶ資料収集を行ったうえ,1727年(享保12)道元以下743人の僧伝執筆を完了,その出版は15年後の42年(寛保2)であった。嶺南は《日域洞上諸祖伝》(1693)など,それ以前の僧伝の誤りや不足部分を検討し補訂することに努力し,各巻末に〈考証〉を付した。《大日本仏教全書》《曹洞宗全書》に収録。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本洞上聯灯録の関連キーワード祥巌覚瑞釈鼇仙玉山全英凸巌養益南龍越宗越溪休覚本朝高僧伝曹洞長勝寺曹洞宗の大本山

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone