コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大日本仏教全書 だいにほんぶっきょうぜんしょ

3件 の用語解説(大日本仏教全書の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大日本仏教全書
だいにほんぶっきょうぜんしょ

日本仏教書の全書。高楠順次郎大村西崖望月信亨らが編集,1912~22年に仏書刊行会から刊行。 150巻。目録,総記,諸経,華厳,法華,台密,真言,悉曇,浄土,融通念仏,時宗,戒律,三論,法相,因明,倶舎,起信,禅宗,行事,宗論,史伝,補任,系譜,地誌,寺誌,日記,詞藻,雑の 28部から成る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

だいにほんぶっきょうぜんしょ【大日本仏教全書】

仏書刊行会から出版された叢書。南条文雄高楠順次郎大村西崖(せいがい),望月信亨(しんこう)らが1911年仏書刊行会を設立し,日本人の手になる重要な仏教書を逐次刊行した。1922年に完結。全150冊および目録1冊。また別に《十巻抄》10巻をコロタイプ版で刊行した。収録の書目には未公開の稀覯本(きこうぼん)が多く,中国・朝鮮人の撰述にも及び,異本との校訂や考証を付している。日本撰述の仏典刊行の先例をひらき,仏教のみならず,文学,史学,美術の研究に寄与した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大日本仏教全書
だいにほんぶっきょうぜんしょ

日本撰述(せんじゅつ)の仏教書籍を集大成した叢書(そうしょ)。全161冊。1911年(明治44)高楠順次郎(たかくすじゅんじろう)、大村西崖(せいがい)、望月信亨(もちづきしんこう)が企画、仏書刊行会を設置し、南条文雄(なんじょうぶんゆう)を会長として、翌12年から22年(大正11)までに刊行。目録、総記、諸経、華厳(けごん)、法華(ほっけ)、台密(たいみつ)、真言(しんごん)、悉曇(しったん)、浄土(じょうど)、融通念仏(ゆうずうねんぶつ)、時宗、戒律、三論、法相(ほっそう)、因明(いんみょう)、倶舎(くしゃ)、起信、禅宗、行事、宗論、史伝、補任、系譜、地誌、寺誌、日記、詞藻(しそう)、雑の28部門がたてられ、概数で953部3396巻の典籍が収められている。日本撰述の仏教書籍は、このほか『伝教大師(でんぎょうだいし)全集』、『弘法(こうぼう)大師全集』など個人全集や、『大正新修大蔵経』『日本大蔵経』などにも収載されるが、この全書に先行する全集叢書のものは省かれており、併用することによって補完しあえる。本全書は、近代文献学の成果を踏まえて、異本との校合(きょうごう)、欠巻の補完、頭注、傍注、朱書の明示、割注、句点訓点の追加などにくふうがなされ、信頼が置ける。完成後、1940年代まで復刊が繰り返され、別巻に恵什(えじゅう)の図像集『十巻抄』10巻がある。近くは1973年(昭和48)鈴木学術財団が新編成100巻で刊行。83年には名著普及会が原版を復刻した。[木内曉央]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大日本仏教全書の関連キーワード南条文雄異国叢書深夜叢書大日本古記録南条近刊出版物笠原研寿モンポウ:前奏曲 第10番/piano solo国書刊行会叢書

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone