嶺南(読み)れいなん(英語表記)Ling-nan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

嶺南
れいなん
Ling-nan

五嶺の南という意で,主として現在の中国広東省,広西自治区とベトナム北部をさす。秦の始皇帝が始皇帝 33 (前 214) 年に兵を進めて南越の都番禺 (広東) を陥れたのをはじめとして,以来中国歴朝はこの地を象牙,犀角,真珠などの産出地あるいは東南アジア産出品の集散地として注目した。唐代には広東に治府をおく嶺南道が設立され,両広およびベトナムの地を管轄区域とした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

れいなん【嶺南 Lǐng nán】

中国で古く南嶺山脈(五嶺山脈ともいう)から南の地域をさした名称。主として今の広東省と広西チワン(壮)族自治区に当たる。唐初に全国を10道に分け,その一つとして嶺南道を置いたのが公式の区画名としての始まりである。のち嶺南東道・嶺南西道に二分し,宋がこれを受けついで広南東路・広南西路と称してから,広東・広西の名が生まれた。唐代この地方はなお未開地域だったが,五代をへて宋代になると開発が進んだ。なお,朝鮮では慶尚道地方を嶺南という。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔福井県〕嶺南(れいなん)


福井県南西部の地方名。敦賀(つるが)市北東部の木ノ芽(きのめ)峠以南の全域をいう。県北部の嶺北(れいほく)に対し、自然・人文両面において好対照をなす。民家・方言・商慣習などに近畿(きんき)地方との類似点が多い。気候は冬季の積雪が北陸地方より比較的少なく、山陰型の気候を示す。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

嶺南の関連情報