コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嶺南 れいなん Ling-nan

4件 の用語解説(嶺南の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

嶺南
れいなん
Ling-nan

五嶺の南という意で,主として現在の中国広東省,広西自治区とベトナム北部をさす。秦の始皇帝始皇帝 33 (前 214) 年に兵を進めて南越の都番禺 (広東) を陥れたのをはじめとして,以来中国歴朝はこの地を象牙,犀角,真珠などの産出地あるいは東南アジア産出品の集散地として注目した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

れい‐なん【嶺南】

福井県、木ノ芽峠以南の地域の称。敦賀市・小浜市と4町からなる。→嶺北

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

れいなん【嶺南 Lǐng nán】

中国で古く南嶺山脈(五嶺山脈ともいう)から南の地域をさした名称。主として今の広東省と広西チワン(壮)族自治区に当たる。唐初に全国を10道に分け,その一つとして嶺南道を置いたのが公式の区画名としての始まりである。のち嶺南東道・嶺南西道に二分し,宋がこれを受けついで広南東路広南西路と称してから,広東・広西の名が生まれた。唐代この地方はなお未開地域だったが,五代をへて宋代になると開発が進んだ。なお,朝鮮では慶尚道地方を嶺南という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔福井県〕嶺南(れいなん)


福井県南西部の地方名。敦賀(つるが)市北東部の木ノ芽(きのめ)峠以南の全域をいう。県北部の嶺北(れいほく)に対し、自然・人文両面において好対照をなす。民家・方言・商慣習などに近畿(きんき)地方との類似点が多い。気候は冬季の積雪が北陸地方より比較的少なく、山陰型の気候を示す。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

嶺南の関連キーワード咸鏡南道小興安嶺山脈秦嶺山脈摩天嶺山脈南嶺山脈カフカス[山脈]秋風嶺陝西[省]兵庫県姫路市広嶺山五嶺山脈

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

嶺南の関連情報