コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日比屋了珪 ひびや りょうけい

2件 の用語解説(日比屋了珪の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日比屋了珪 ひびや-りょうけい

?-? 戦国-織豊時代の豪商。
堺のキリシタンの総代。永禄(えいろく)4年(1561)宣教師ビレラをまねき,7年受洗した。自宅を教会として提供。茶の湯もたしなみ,津田宗及らと茶会をもよおした。洗礼名はディオゴで,了五とかく。天正(てんしょう)16年のキリシタン代表者連署状に自署している。名は了慶とも。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

日比屋了珪

生年:生没年不詳
安土桃山時代の堺の豪商で代表的なキリシタン。茶道関係文書には「日比屋了慶」「比々屋了桂」。京都地方で布教を開始したヴィレラ神父を保護,永禄7(1564)年受洗,家族揃って熱心なキリシタンとなる。霊名ディオゴだが,「リョウゴ」とよばれ彼自身も天正16(1588)年,五畿内キリシタンがイエズス会総長に送った連署状に「了五了珪」と署名している。天正15(1587)年の禁教令で堺の教会が破壊されたのちに自宅を開放,キリシタン信者たちの病院も引き受けた。元和3(1617)年の信徒の証言を集めた『コーロス徴収文書』には署名がないのでその前には没したと推定。<参考文献>松田毅一『近世初期日本関係南蛮史料の研究』

(片岡千鶴子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日比屋了珪の関連キーワード道恵文閑山岡如軒安土桃山時代天王寺屋モニカ紹巴文禄小野木シメオン津田道叱

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone