コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豪商 ゴウショウ

百科事典マイペディアの解説

豪商【ごうしょう】

近世初期の豪商は,海外貿易,軍事物資の調達・輸送,金融などで,権力と結びついて巨富を得た特権的商人で,角倉了以(すみのくらりょうい)・安井道頓(どうとん)(道頓堀川を開削)・淀屋辰五郎(たつごろう)(中之島を開発)等が著名。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ごうしょう【豪商】

大きな資本を持ち、手広く商売をする商人。おおあきんど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の豪商の言及

【商人】より

…〈唐人〉と称された中国人も,貿易や,その商品,例えば薬などの販売に従事しているものに多かった。【脇田 晴子】
[近世]
 近世の商人は,その性質からみて初期豪商,近世本町人,仲間外商人に大別することができる。 初期豪商は初期特権商人,初期門閥商人などとも呼ばれる。…

※「豪商」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

豪商の関連キーワード新潟県新潟市中央区一番堀通町石川県金沢市金石本町紀伊国屋文左衛門本居宣長の母榎本弥左衛門シンドバッド本間四郎三郎天王寺屋道叱北風六右衛門山崎 富子白石正一郎安田長兵衛椀久末松山高台寺土井銭屋五兵衛本間美術館風雪平野那波祐生角倉素庵津田宗達

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

豪商の関連情報