豪商(読み)ゴウショウ

百科事典マイペディアの解説

豪商【ごうしょう】

近世初期の豪商は,海外貿易,軍事物資の調達・輸送,金融などで,権力と結びついて巨富を得た特権的商人で,角倉了以(すみのくらりょうい)・安井道頓(どうとん)(道頓堀川を開削)・淀屋辰五郎(たつごろう)(中之島を開発)等が著名。その後,三都(さんと)の繁栄を背景に,酒造の鴻池(こうのいけ)家,京呉服の三井家(越後屋),銅の精錬業の住友家などが財をなし,両替商を兼業し大名に巨額を貸し付けていた。多くは明治維新の転換期に没落したが,多角化に成功した三井・住友家などは財閥に成長。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ごうしょう【豪商】

大きな資本を持ち、手広く商売をする商人。おおあきんど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ごう‐しょう ガウシャウ【豪商】

〘名〙 富豪の商人。大資本を動かし、巨額の利益を収めている商人。おおあきんど。
江戸繁昌記(1832‐36)五「九十六箇の豪商、高棟地を撲ち、鼎食鐘を鳴す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の豪商の言及

【商人】より

…〈唐人〉と称された中国人も,貿易や,その商品,例えば薬などの販売に従事しているものに多かった。【脇田 晴子】
[近世]
 近世の商人は,その性質からみて初期豪商,近世本町人,仲間外商人に大別することができる。 初期豪商は初期特権商人,初期門閥商人などとも呼ばれる。…

※「豪商」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

豪商の関連情報