日比野良為(読み)ひびの よしなり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日比野良為 ひびの-よしなり

?-? 江戸時代後期の和算家。
江戸の神谷定令(かみや-ていれい)の門下。美濃(みの)(岐阜県)大垣でこんにゃく玉をあきない,玉屋と称した。家業のかたわら家塾をひらく。文政9年(1826)「算法三秘術」をあらわした。字(あざな)は伯己。通称は立左衛門。号は歉斎(けんさい)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android