大垣(読み)オオガキ

  • おおがき おほ‥
  • おおがき〔おほ〕
  • 地名

デジタル大辞泉の解説

邸宅や寺院などの、いちばん外側外囲い
岐阜県南西部の市。もと戸田氏の城下町で中心部は河川水路縦横に流れる水郷地帯。繊維・化学工業が盛ん。平成18年(2006)3月に上石津町・墨俣(すのまた)町を編入したが、両町の旧域はそれぞれ別の飛び地となっている。人口16.1万(2010)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘名〙
① 居宅などの周囲の大きな垣。築地(ついじ)などをいう。外囲い。総がこい。
※源氏(1001‐14頃)賢木「ものはかなげなる小柴垣(こしばがき)をおほがきにて、板屋ども、あたりあたり、いとかりそめなり」
② 「おおがき(大垣)の刑」の。その際に罪人を引きまわした大きな垣。
※浮世草子・好色一代男(1682)二「哀れ、今も鹿(しし)ころせし人は其科(とが)を赦(ゆる)さず大がきをまはすとかや」
③ 牧場の周囲に作る垣。
[2] 岐阜県南西部の地名。江戸時代は戸田氏一〇万石の城下町で、東海道と中山道を結ぶ美濃路の宿駅。現在は中京工業地帯西北端の商工業都市。芭蕉の「奥の細道」結びの地。大正七年(一九一八)市制。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の大垣の言及

【垣】より

…古代の宮城や寺院の周囲の垣には築地が多く用いられた。これは当時は築垣あるいは大垣と呼ばれたが,枠を組んで土を層状に突き固めた上に屋根をふくもので,大陸伝来の技術である。平安時代から鎌倉時代にかけての貴族住宅の様式である寝殿造では,敷地の周囲に築地をめぐらすほか,建物の周囲や庭の仕切りに多くの種類の垣が用いられた。…

【築地】より

…【清水 拡】 築地は古代以来,宮都,城柵,国郡衙,寺院等の境域を区画するために設けられた。大規模なものは大垣とよばれ,平城京の南面大垣は高さ約12mにも達し,陸奥の多賀城の南辺では幅15~17m,高さ2mの基礎盛土の上に基底幅2.7mの築地が築かれた。これらは崩れた跡が土塁と識別できないので,実体は官衙であった古代の城柵が,永らく土塁をめぐらした軍事施設とだけみなされてきた原因となった。…

※「大垣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大垣の関連情報