コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日照雨 そばえ

2件 の用語解説(日照雨の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

そばえ【日照雨】

そばえ(戯へ) 」に同じ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳の解説

日照雨

さばえという地方もある。日が照っているのに雨が降っているので、狐日和(きつねびより)、狐のお嫁入りなどという。村しぐれ、わたくし雨、通り雨といわれるもの。海岸線で出合ったにわか雨を、磯日照雨という。そばえ・さばえは夏のものだが、村しぐれ、片しぐれとなると冬のものとして扱う。片しぐれというのは、山の向こう側は晴れていても、こちらは雨が降っていることをいう。
人々をしぐれよ宿は寒くとも\松尾芭蕉

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日照雨の関連キーワード狐の嫁入りさばえ五月蠅なす天気雨日照時間日照り雨日向雨明明後日日がける弥の明後日

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone