コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日省録 にっせいろく

1件 の用語解説(日省録の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

にっせいろく【日省録】

朝鮮,李朝の正祖以下4代各王の公的日記。2322巻。奎章閣編。1760年(英祖36)正祖が世孫であったときに始まり,即位後その創設した奎章閣閣員が代筆し,王みずから加筆削正した。その後も継続して1910年(隆熙4)に至る150年間の記録となり,《李朝実録《承政院日記》《備辺司騰録》等とともに李朝研究の根本史料である。1960‐72年にソウル大学校より高宗朝(1864‐1907)の《日省録》576巻,44冊が影印刊行された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日省録の関連キーワード白川忠富高橋亨奎章閣高麗茶碗朝鮮王朝実録鄭麟趾李朝李朝実録朝鮮通信使嵯峨日記

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone