コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奎章閣 けいしょうかくKyujanggak

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

奎章閣
けいしょうかく
Kyujanggak

朝鮮,朝鮮王朝 (李朝) 時代の文書保管の署。内閣ともいう。初めは粛宗 20 (1694) 年に基礎が成立。正祖即位の年 (1776) に一閣を立て奎章閣と称し,朝鮮王朝末期には宮内府の一部局となった。歴代国王の詩文筆跡,顧命,遺教,瓚譜などを管理。ほかに中国古典の保存,複刻などを行なった。日韓併合後その蔵書は総督府,次いで京城大学に移された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けいしょうかく【奎章閣】

朝鮮,李朝後期の文芸をつかさどった中心機関。1776年(正祖元)創設。正祖昌徳宮の北苑に一閣を建て故事により奎章閣と名付けた。歴代王や正祖自身の御筆,御製,御物および王室の各種記録を安置し,増設した皆有窩に中国文献を,西庫に朝鮮古今の典籍を収蔵した。この建物を内閣と称し,外閣として江華島行宮所蔵の典籍をも管理し,校書館を付属させ印書復刻を行わせた。閣員は提学2,直提学2,直閣1,待教1,検書官4人。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

奎章閣の関連キーワード朝鮮図書解題文宗[元]康里巙巙経世大典掲けい斯童蒙先習柳得恭金玉均朴斉家日省録李徳懋虞集姜保

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android