コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日置清親 へき きよちか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日置清親 へき-きよちか

?-? 江戸時代前期の画家。
京都の人。宮崎友禅門人。図案にすぐれ,貞享(じょうきょう)5年(1688)小袖雛形本「友禅ひいながた」を刊行した。京都祇園社奉納の扁額(へんがく)の村山座狂言図は清親の筆といわれる。通称は徳右衛門。号は友尽斎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android