日野間道(読み)ひのかんどう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日野間道
ひのかんどう

名物裂(ぎれ)の一つ。白茶地に黄・樺(かば)・茶・蘇芳(すおう)・淡紅などのよろけた縞柄(しまがら)を横に織り出した縞物。経緯(たてよこ)の地糸には撚(よ)りの強い細い木綿糸を用いて、ガーゼ状に粗く織り、横縞の色糸には絹を用いて密に織り込み、絹の光沢を十分に生かして地と対照的な効果を出している。間道のなかでも独得の風趣をもち、ほかに色変わりのものが何種かある。茶道を千利休(せんのりきゅう)に学んだ権大納言(ごんだいなごん)日野輝資(てるすけ)の愛用裂と伝えられ、日野肩衝(かたつき)とともに著名である。[小笠原小枝]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android