日鉄住金パイプライン&エンジニアリング(読み)にってつすみきんパイプラインアンドエンジニアリング(英語表記)NIPPON STEEL & SUMIKIN PIPELINE & ENGINEERING CO. LTD.

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

日鉄住金パイプライン&エンジニアリング

正式社名「日鉄住金パイプライン&エンジニアリング株式会社」。略称「日鉄住金P & E」。英文社名「NIPPON STEEL & SUMIKIN PIPELINE & ENGINEERING CO. LTD.」。建設業。昭和37年(1962)「住金鋼管工事株式会社」設立。平成2年(1990)「住友金属プランテック株式会社」に改称。同17年(2005)「住友金属パイプエンジ株式会社」に改称。同24年(2012)新日鐵住金の子会社「新日鉄住金エンジニアリング株式会社」の子会社となり、同じく子会社の「日鉄パイプライン株式会社」を吸収合併し現在の社名に変更。本社は東京都品川区大崎。新日鉄住金エンジニアリング子会社のエンジニアリング会社。ガス・水道のパイプライン、LNG基地や製鉄プラントの建設などを手がける。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android