日高 秩父(読み)ヒダカ チチブ

20世紀日本人名事典の解説

日高 秩父
ヒダカ チチブ

明治・大正期の書家



生年
嘉永5年12月5日(1853年)

没年
大正9(1920)年4月19日

出生地
下野国栃木町(栃木県)

別名
号=梅渓

経歴
明治初年東京に出て学を修め、8年陸軍省に勤務。ついで奈良県、東京府を経て、宮内省に転じ、32年梨本宮家令に任じられる。36年内大臣秘書官を兼ね、さらに侍従職を兼務、40年大臣秘書官となり小松宮家令、梨本宮御用掛を兼任した。和漢に通じ、とくに書は長三洲に学び諸学校の教科用習字帖に選ばれるほどだった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android