コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

早く ハヤク

デジタル大辞泉の解説

はやく【早く】

《形容詞「はやい」の連用形から》
[名]早い時期。早い時刻。「早くに開けた地」「朝早くから並んで待つ」
[副]
早い時期に。かなり前に。「早く親をなくした」「早く世に認められた」
(多くあとに詠嘆の助動詞「けり」を伴って)驚いたことには。わかってみれば何と。
「いかなる船なると云ふ事を知らざるに、―、賊船なりけり」〈今昔・六・六〉
もともと。やっぱり。
「―跡なき事にはあらざめり」〈徒然・五〇〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はやく【早く】

〔形容詞「早い」の連用形から〕
( 名 )
早い時刻。または、早い時期。 「朝-から働く」
( 副 )
時間的にかなり前であるさま。早い時期に。ずっと以前に。はやくに。 「 -父を失った」
(「はやく…けり」の形で用いて)もともとそうであった事に今初めて気づいたという気持ちを表す。わかってみれば。 「針をひきぬきつれば、-しりを結ばざりけり/枕草子 95
もともと。元来。 「 -跡なき事にはあらざめり/徒然 50

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

早くの関連キーワード響きの声に応ずるが如し死ぬる子は眉目よし大食は命の取り越し逃げ支度・逃支度ページターナーレッド・グッズゴダンの法則頭が切れるハバハバASAP苦髪楽爪早い話が走り読み疾う疾う気が急く早くも催花雨朝起き朝摘み朝参り

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

早くの関連情報