コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

けり ケリ

4件 の用語解説(けりの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

けり[名]

《和歌・俳句などに助動詞けり」で終わるものの多いところから》物事の終わり。結末。決着。

けり[助動]

[助動][(けら)|○|けり|ける|けれ|○]《動詞「く(来)」の連用形に動詞「あり」の付いた「きあり」の音変化から》動詞・助動詞の連用形に付く。
過去に起こった事柄が、現在にまで継続してきていることを表す。…てきた。
「昔より言ひけることの韓国(からくに)の辛(から)くもここに別れするかも」〈・三六九五〉
過去に起こった事柄を他から伝え聞いたこととして回想的に表す。…たということだ。…たそうだ。
「坊の傍らに大きなる榎(え)の木のありければ、人、榎の木の僧正とぞ言ひける」〈徒然・四五〉
初めてその事実に気がついたことを詠嘆的に表す。…たのだなあ。…たなあ。
「ふるさととなりにし奈良の都にも色はかはらず花は咲きけり」〈古今・春下〉
眼前の事実を述べる。…た。…ている。→き(助動)
「夜すでに明けければ、なぎさに赤旗少々ひらめいたり」〈平家・一一〉
[補説]過去の助動詞「き」に動詞「あり」の付いた「きあり」からとも。過去の助動詞「き」が直接経験をいうのに対し、「けり」は伝聞的過去をいうのが特徴。4は中世以後の用法。未然形の「けら」は、上代に「けらず」「けらく」の形で用いられた。完了の助動詞「つ」に「けり」の付いた「てけり」においては、院政期ごろから「てんげり」の形でも用いられた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

けり

〔和歌や俳句に助動詞「けり」で終わるものが多いところから〕
結末。決着。 「長い間の論争に-が付く」
[句項目]

けり

( 助動 ) ( けら ・○ ・けり ・ける ・けれ ・○ )
〔カ変動詞「く(来)」の連用形「き」または過去の助動詞「き」にラ変動詞「あり」が付いて一語化したもの〕
活用する語の連用形に付く。
話し手が人から伝聞したことを回想して述べる。 「今は昔、竹取の翁といふものありけり/竹取」 「坊のかたはらに大きなる榎の木のありければ、人、榎の木の僧正とぞいひける/徒然 45
過去にあった事実に気付いて、それを回想して述べる。 「和歌やまとうた、主もまらうども他人ことひとも言ひあへりけり/土左」
ある事柄に初めて気が付いたことを詠嘆的に述べる。 「あさましう、犬などもかかる心あるものなりけりと笑はせ給ふ/枕草子 9」 「ふるさととなりにし奈良の都にも色はかはらず花は咲きけり/古今 春下
その事が終わり、その結果が存在していることを述べる。中世以降の用法。 「夜すでに明けければなぎさに赤旗少々ひらめいたり/平家 11
未然形「けら」は、「けらず」「けらく」の形で上代にのみ用いられる。 「梅の花咲きたる園の青柳は縵かずらにすべくなりにけらずや/万葉集 817」 〔過去の助動詞「き」が話し手の直接体験した過去の事実を回想するのに用いられるのに対し、「けり」は伝承している過去の事実を回想するのに用いられる〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

けりの関連キーワードかりけむこすしゃますでえすふうですましじらゆケ(褻)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

けりの関連情報