コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

早乙女家貞 さおとめ いえさだ

2件 の用語解説(早乙女家貞の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

早乙女家貞 さおとめ-いえさだ

?-? 江戸時代前期の装剣金工。
早乙女家成の子という。明珍家からわかれた早乙女家4代。常陸(ひたち)(茨城県)下妻,相模(さがみ)(神奈川県)小田原にすんだという。早乙女家の三名工のひとりで,作品に透かし彫りの鐔(つば)がある。同名の金工が数人いる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

早乙女家貞

生年:生没年不詳
江戸前・中期の金工家。早乙女家4代目で,家成の子と伝えられる。常陸国(茨城県)下妻,石岡に住し,相模国(神奈川県)小田原に移住したという。早乙女家のなかで明寿,政徳と共に三名工と称された。時代の下る作もあることから,家貞の名は各代におよぶものとみなされる。

(加島勝)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

早乙女家貞の関連キーワード染谷知信早乙女鳥居清満横谷宗珉勝木盛定(初代)高麗左衛門(4代)後藤程乗早乙女清房早乙女主水之介村松万三郎

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone