コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下妻 シモツマ

デジタル大辞泉の解説

しもつま【下妻】

茨城県西部の市。鎌倉時代から城下町として発展、江戸時代は一時、天領として代官所が置かれ、水運の中継地として繁栄した。ナシ栽培や養豚が盛ん。平成18年(2006)1月、千代川村を編入。人口4.5万(2010)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しもつま【下妻】

茨城県西部の市。もと城下町。稲作のほかナシ・野菜の栽培と養豚が盛ん。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

下妻の関連情報