コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小田原(読み)オダワラ

デジタル大辞泉の解説

おだわら〔をだはら〕【小田原】

神奈川県南西部の市。戦国時代は北条氏、江戸時代は大久保氏の城下町。また、東海道の旧宿場町で、箱根の東方の出入り口にあたる要所。箱根観光の基地。商工業が発達し、梅干しかまぼこを特産。人口19.8万(2010)。

小田原提灯(おだわらぢょうちん)」の略。
小田原評定」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おだわら【小田原】

神奈川県南西部にある市。中世、北条氏の城下町として発展。近世は大久保氏などの城下町、また箱根関を控えた東海道有数の宿場町。箱根観光の玄関口で、県西部の商工業の中心地。水産業も盛ん。梅干し・かまぼこが特産品。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小田原の関連情報