コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

早来迎 はやらいごう

1件 の用語解説(早来迎の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

はやらいごう【早来迎】

阿弥陀来迎図の一種。如来と聖衆しようじゆとが向かって斜め右下に来迎する図。雲の尾を長くひき、速度感を描き出したもの。京都知恩院の「阿弥陀二十五菩薩来迎図」は代表的遺品。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の早来迎の言及

【鎌倉時代美術】より

…仏画の世界では禅林寺《山越阿弥陀図》や知恩院《阿弥陀二十五菩薩来迎図》,聖衆来迎寺《六道絵》など,教理上の主題とは別に,背景をなす風景描写にそれが歴然と見られよう。特に〈早来迎〉と称される知恩院の来迎図における速度の表現は来迎の実感を把握しえていて,この時代らしい。垂迹画(神道美術)もまた社寺の景観が克明に描かれた点でここにとりあげられよう。…

【知恩院】より

…1639,重要文化財),〈鶯張りの廊下〉を経て後方には狩野一門の障壁画を配した江戸初期の大規模な書院造建築の大方丈・小方丈(ともに1641,重要文化財),また《宋版一切経》(5969帖,重要文化財)を納める経蔵(1619,重要文化財)などがあり,上の段には当院最古の建物で旧御影堂の勢至堂(1530,重要文化財)が建つ。寺宝は絵画,書跡,彫刻,工芸など数多いが,宗祖法然の生涯を48巻にまとめた《法然上人絵伝》(鎌倉時代),〈早来迎(はやらいごう)〉として知られる《阿弥陀二十五菩薩来迎図》(鎌倉時代),聖徳太子伝の最古本で永く法隆寺勧学院に蔵せられていた《上宮聖徳法王帝説》(平安時代),渡来品では《菩薩処胎経(ぼさつしよたいきよう)》(西魏時代),《大楼炭経(だいろうだんきよう)》(唐時代)がともに国宝に指定されている。【谷 直樹】。…

※「早来迎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

早来迎の関連情報