コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

屋形/館 ヤカタ

デジタル大辞泉の解説

や‐かた【屋形/館】

地位・身分ある人の住む屋敷。また、その主人。おやかた。
仮ずまいのための形ばかりの小屋。かりや。寓居(ぐうきょ)。
「水茎の岡の―に妹と我と寝ての朝けの霜の降りはも」〈古今・大歌所御歌〉
牛車(ぎっしゃ)などの上につくった家の形をした覆い。
「月の明きに、―なき車のあひたる」〈・四五〉
船の上にしつらえた屋根のある部屋。船屋形。
「みさごは魚をつかみながら大友が舟の―の上へぞ落ちたりける」〈太平記・一六〉
貴人を敬っていう語。また、特に中世、屋形号を許された大名の称。
「―の御意得奉りて」〈甲陽軍鑑・四〇〉
屋形船」の略。
「つながせし―に皆々乗り出す」〈浄・二枚絵草紙〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

やかた【屋形】

古代・中世における貴人居所または尊称。《播磨国風土記》《常陸国風土記》には貴人の仮の一時的な邸宅に用いられているが,《和名類聚抄》の解釈では牛車屋根を指し,《枕草子》では屋形船の意に用いられている。したがって平安期では屋根のある船舶または車の義でもあった。鎌倉期に入ると幕府要人の邸宅や家臣の居所など,身分ある者の邸宅との意が生じた。とくに東国を中心に,地方居住の在地領主(武士)の居館を屋形と表現した記録が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の屋形/館の言及

【館】より

…城塞または土塁の意であって,古代朝鮮語のサシ(城)との関連が考えられるが,〈館〉との関係は未詳とされている。鎌倉期以降は〈やかた〉と読むようになり,屋形の字をあて,守護大名等の尊称となった。館(たて)【今谷 明】。…

※「屋形/館」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

屋形/館の関連キーワード福岡県うきは市吉井町富永大分県大分市上野丘西舁き据え屋形舟舁き据え屋形船手振り編み笠珍敷塚古墳鳥船塚古墳青糸毛の車紋車・文車塵取り輿雨眉の車八葉の車唐屋形船古畑古墳糸毛の車船屋形葱花輦網代車柒屋形舳屋形

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android