昂々渓遺跡(読み)こうこうけいいせき(英語表記)Ang-ang-xi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「昂々渓遺跡」の解説

昂々渓遺跡
こうこうけいいせき
Ang-ang-xi

中国黒竜江省チチハル (斉斉哈爾) 市南郊の砂丘地帯にある遺跡。 1930年に A.ルカシキンが調査して以来梁思永駒井和愛,奥田直栄らにより相次いで発掘された。包含層のほかに埋葬跡や貝塚も存在している。これまでの調査では,断面三角形の凸帯文をもち胎土に貝殻片を含む黄褐色土器や,沈線文土器などのほかに,より新しい時代の土器も存在していて,石刃鏃や多数の骨角器も含めて,この遺跡のもつ遺物相は複雑である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android