コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

昂々渓遺跡 こうこうけいいせきAng-ang-xi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

昂々渓遺跡
こうこうけいいせき
Ang-ang-xi

中国黒竜江省チチハル (斉斉哈爾) 市南郊の砂丘地帯にある遺跡。 1930年に A.ルカシキンが調査して以来,梁思永駒井和愛,奥田直栄らにより相次いで発掘された。包含層のほかに埋葬跡や貝塚も存在している。これまでの調査では,断面三角形の凸帯文をもち胎土に貝殻片を含む黄褐色土器や,沈線文土器などのほかに,より新しい時代の土器も存在していて,石刃鏃や多数の骨角器も含めて,この遺跡のもつ遺物相は複雑である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android