コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

駒井和愛 こまいかずちか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

駒井和愛
こまいかずちか

[生]1905.1.11. 東京
[没]1971.11.22. 東京
東洋考古学者。文学博士。早稲田大学文学部東洋史学科卒業。東京大学教授 (1965定年退官) 。主として中国の考古学研究を行なった。主著に原田淑人との共著で『牧羊城』『支邦古器図攷』『東京城』『上都』などがあり,学位論文に『中国古鏡の研究』がある。日本関係では,『音江-北海道環状列石の研究』『オホーツク海岸,知床半島の遺跡』 (上・下巻) など,東京大学文学部考古学研究室の調査結果をまとめたものがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

駒井和愛 こまい-かずちか

1905-1971 昭和時代の考古学者。
明治38年1月11日生まれ。昭和2年東京帝大副手となり,原田淑人(よしと)の指導をうける。中国,朝鮮半島の各地を調査,東アジア考古学の発展につくす。戦後は北海道の調査に力をそそいだ。昭和26年東大教授。昭和46年11月22日死去。66歳。富山県出身。早大卒。著作に「中国古鏡の研究」「日本の巨石文化」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

駒井和愛の関連キーワード忍路環状石籬音江環状列石忍路環状列石モヨロ貝塚昂々渓遺跡昭和時代遼陽漢墓楽浪郡

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android