コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石刃鏃 せきじんぞく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石刃鏃
せきじんぞく

石刃に簡単な加工を施した石鏃。北海道東部の縄文時代早期には,日本列島のほかの地域にはない特殊な石器をもった人々が生活し,東部の海岸地帯を中心にその遺跡がある。同様の石器は中国東北部やアムール川流域にも多数みられ,石刃鏃以外の石器も共通していることから,日本列島と大陸との交流の具体的な証拠として注目されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

石刃鏃の関連キーワードノボペトロフカ遺跡鏃(やじり)昂々渓遺跡新開流遺跡石刃鏃文化大曲洞窟常呂貝塚ヒン文化

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android