コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明律国字解 みんりつこくじかい

世界大百科事典 第2版の解説

みんりつこくじかい【明律国字解】

中国,明代の基本法典を日本語で解説した書。荻生徂徠(おぎゆうそらい)の著。16巻。江戸時代,将軍吉宗のころ中国法制の研究が盛んに行われ,明律の解説書も,紀州の榊原篁洲(さかきばらこうしゆう)《大明律例諺解》30巻,同じく紀藩の高瀬学山《大明律例詳解》30巻など,数種あらわれたが,徂徠のこの書がもっとも普及した。版本には四文楼本と拙修斎叢書本の2種があり,自筆本も現存しており,いずれも明律(30巻)と〈問刑条例〉との訳解を収めている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報