コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

榊原篁洲 さかきばらこうしゅう

6件 の用語解説(榊原篁洲の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

榊原篁洲
さかきばらこうしゅう

[生]明暦2(1656).和泉
[没]宝永3(1706).1.3.
江戸時代中期の折衷派の儒学者。名は玄輔,字は希翊。木下順庵に学び,貞享4 (1687) 年紀州藩の儒官となった。著書『大明律例諺解』『易学啓蒙諺解大成』『篁洲雑記』など。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さかきばら‐こうしゅう〔‐クワウシウ〕【榊原篁洲】

[1656~1706]江戸中期の儒学者。和泉(いずみ)の人。名は玄輔。木下順庵門下で、紀州徳川家の儒官となる。中国歴代の制度、特にの法制を究めた。著「大明律例諺解」「易学啓蒙諺解大成」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

榊原篁洲 さかきばら-こうしゅう

1656-1706 江戸時代前期の儒者。
明暦2年生まれ。木下順庵(じゅんあん)の門下。貞享(じょうきょう)4年紀伊(きい)和歌山藩の儒官となる。中国歴代の制度,とくに明(みん)の法律にくわしく,天文,暦学,書画などにも通じていた。宝永3年1月3日死去。51歳。和泉(いずみ)(大阪府)出身。本姓は下山。名は玄輔。字(あざな)は希翊(きよく)。通称は小太郎。著作に「大明律例諺解(げんかい)」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

榊原篁洲

没年:宝永3.1.3(1706.2.15)
生年:明暦2(1656)
江戸中期の漢学者。和泉(大阪府)の人。名は玄輔,字は希翊,通称は小太郎,篁洲と号した。本姓下山氏,外祖父榊原氏に養われ,その姓を冒した。京都に出て,木下順庵に入門。木門五先生のひとり。貞享4(1687)年,師の推挙で紀伊(和歌山県)徳川家の儒官として仕えた。その学風は一派に偏らず,特に歴朝の制度に詳しく,明律学者として聞こえた。他にも,天文暦学,書画,篆刻など幅広い分野に通じ,考証随筆『榊巷談苑』にも,その知識の博さを窺うことができる。<著作>『大明律例諺解』<参考文献>松下忠『紀州の藩学』

(高橋昌彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

さかきばらこうしゅう【榊原篁洲】

1656~1706) 江戸中期の儒学者。和泉の人。名は玄輔。字あざなは希翊。木下順庵の門下で、新井白石・室鳩巣と並び称される。順庵の推挙で紀伊徳川家に仕える。明みんの法律に精通し、天文・暦学・測量などにも通じた。著「大明律例諺解」「榊巷しんこう談苑」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

榊原篁洲
さかきばらこうしゅう
(1656―1706)

江戸中期の儒学者。名は玄輔。字(あざな)は希翊(きよく)。和泉(いずみ)(大阪府)の人。若くして京都に出、初め伊藤仁斎に学んだが飽き足らず、木下順庵(きのしたじゅんあん)の門に転じ、同門の新井白石(あらいはくせき)、室鳩巣(むろきゅうそう)などと親しく交わった。順庵が幕府の儒官に取り立てられると、その縁で和歌山藩に儒官として召し抱えられた。順庵に学びはしたが、その学風は朱子学を墨守せず、博学多識を旨として諸学派を折衷するものであった。中国の歴代の制度に関心をもち、明(みん)の法律の集成である『明律』の研究を行ったところに、学風の特徴が表れている。漢学普及のための啓蒙(けいもう)書の著述にも意を用い、そのなかでは漢詩の入門書の『詩法授幼抄』(1679)がもっとも聞こえる。[日野龍夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の榊原篁洲の言及

【篆刻】より

…それは明末・清初風のいわゆる方篆雑体のきわめて装飾的なもので,秦・漢の古印の風格はなかったが,その華麗な作風は世の人に好奇の眼で迎えられた。水戸に住んだ心越の直伝を受けた榊原篁洲をはじめ今井順斎,細井広沢,池永一峯の四家は初期江戸派と称され,互いに交遊があり,明人の篆刻趣味を広く文人のあいだに広めた。これよりややおくれて,元文(1736‐41)から宝暦(1751‐64)にかけて,江戸から浪華(なにわ)に移り住んだ新興蒙所(にいおきもうしよ)が活躍し,初期浪華派を興した。…

※「榊原篁洲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

榊原篁洲の関連キーワード竹川政辰横谷友信大阪府和泉市あゆみ野大阪府和泉市池上町大阪府和泉市内田町大阪府和泉市幸大阪府和泉市まなび野吉右衛門(本湊焼,4代)清水利政末包金陵

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone