コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日原 にちはら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日原
にちはら

島根県西端部,津和野町東部の旧町域。高津川中流域にある。 1946年町制。 1954年青原村と合体。 1955年小川村の一部を編入。 2005年津和野町と合体。大部分山林が占める。中心集落の日原は旧天領で,中世には銀,銅の産地として栄えた。南部は国有林地帯で,ワサビシイタケ栽培が行なわれる。高津川のアユ漁は有名。

日原
にっぱら

東京都奥多摩町北部,多摩川支流の日原川上流域にある地区。日原川支流の小川谷東岸に関東一の規模をもつ日原鍾乳洞があり,渓谷美に富む。石灰岩の基盤が広く,砕石場がある。秩父多摩甲斐国立公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

日原【にっぱら】

東京都奥多摩町の名勝地。多摩川の支流日原川の小川谷に面して鍾乳洞(しょうにゅうどう)があり,最大の新宮洞(奥行527m)は探勝できる。
→関連項目奥多摩[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

にっぱら【日原】

東京都奥多摩町北部の地域。日原川上流域で、鍾乳洞がある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日原
にちはら

島根県南西部、鹿足(かのあし)郡にあった旧町名(日原町(ちょう))。現在は津和野町の東半分を占める地域。高津川と津和野川流域の山林。旧日原町は、1946年(昭和21)町制施行。1954年青原村を合併。2005年(平成17)津和野町と合併した。JR山口線、国道9号、187号が通じる。地域の大部分は山地で、ワサビ、シイタケの栽培が盛ん。かつてはワタやウルシなども産出した。広葉樹林が広くパルプチップの生産量が多く、近隣の製紙パルプ工場に送っている。中世から銀や銅の産出があり、江戸時代日原地区は天領で、大森代官所支配地。青原地区は津和野藩領で、高津川の舟運、宿場町として栄えた。大元(おおもと)神社跡のクスノキは県指定天然記念物。石見神楽(いわみかぐら)に似る柳神楽は県指定無形民俗文化財。[野本晃史]
『『日原町史』全6巻(1964~2005・日原町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の日原の言及

【日原[町]】より

…人口4848(1995)。高津川の中流域にある中国山地の山間の町で,高津川と津和野川の合流点に中心集落の日原がある。近世は銀,銅を産出する鉱山集落として栄え,幕府の大森代官所が支配した。…

※「日原」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日原の関連キーワード東京都西多摩郡奥多摩町日原島根県鹿足郡津和野町日原東京都西多摩郡奥多摩町島根県鹿足郡津和野町星と森の科学館海藤 日出男木曽川の渡船奥多摩[町]奥多摩(町)津和野(町)日原森林館日原 無限日原[町]汲冢周書雲取山申不害左丘明公孫竜信州新公孫瓚

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日原の関連情報