コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荻生徂徠 おぎゅう そらい

美術人名辞典の解説

荻生徂徠

江戸中期の儒者。徳川綱吉の侍医方庵の子。江戸生。名は双松、字は茂卿、別号に蘐園等。林春斎・林鳳岡に学ぶ。のち柳沢吉保に用いられ、古文辞学を大成した。また私塾蘐園を開いて多くの門弟を育てた。著書は『論語徴』『蘐随筆』『政談』等多数。享保13年(1728)歿、63才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

おぎゅう‐そらい〔をぎふ‐〕【荻生徂徠】

[1666~1728]江戸中期の儒学者。江戸の人。名は双松(なべまつ)。字(あざな)は茂卿(しげのり)。別号、蘐園(けんえん)。また、物部氏の出であることから、中国風に物(ぶつ)徂徠と自称。朱子学を経て古文辞学を唱え、門下から太宰春台服部南郭らが出た。著「弁道」「蘐園随筆」「政談」「南留別志(なるべし)」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

荻生徂徠【おぎゅうそらい】

江戸元禄(げんろく)〜享保(きょうほう)期(1688年―1736年)の儒者,古文辞(こぶんじ)学派の祖。名は双松(なべまつ),字は茂卿,通称は惣右衛門(そうえもん)。
→関連項目市川鶴鳴宇佐美【しん】水亀井南冥亀田鵬斎五井蘭洲政談弁道弁名本居宣長柳沢淇園柳沢吉保

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荻生徂徠 おぎゅう-そらい

1666-1728 江戸時代前期-中期の儒者。
寛文6年2月16日生まれ。荻生方庵の次男。父の蟄居(ちっきょ)により25歳まで上総(かずさ)(千葉県)ですごす。三河物部氏を先祖とし,修姓して物(ぶつ)とも称す。元禄(げんろく)3年江戸にもどり,のち柳沢吉保につかえる。朱子学から出発しながらそれをこえる古文辞学を提唱。茅場町に蘐園(けんえん)塾をひらき,太宰(だざい)春台,服部南郭らおおくの逸材を出した。また8代将軍徳川吉宗に「政談」を提出するなど,現実の政治にもかかわった。享保(きょうほう)13年1月19日死去。63歳。江戸出身。名は双松(なべまつ)。字(あざな)は茂卿。通称は惣右衛門。別号に蘐園。著作に「訳文筌蹄」「論語徴」「弁道」「弁名」など。
【格言など】炒り豆をかじりながら,古今の人物を罵るは,最大の快事なり

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

江戸・東京人物辞典の解説

荻生徂徠

1666〜1728(寛文6年〜享保13年)【儒学者】日本の儒学を、中国の呪縛から解き放った大思想家。 儒学者。江戸出身。柳沢吉保に仕え、五代将軍綱吉の学問相手を勤めた。赤穂浪士の乱では、『擬自律書』により切腹を上申。柳沢失脚後、職を辞し学問に専念。古文辞学を提唱し、門下に太宰春台服部南郭らの後才を育てた。徂徠の登場は、日本儒学の独自性確立と学問と政治の分離を促す一大転換点となった。著書に『政談』『弁道』など多数。

出典|財団法人まちみらい千代田江戸・東京人物辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おぎゅうそらい【荻生徂徠】

1666‐1728(寛文6‐享保13)
江戸の元禄・享保期の大儒。名は双松,字は茂卿,通称は惣右衛門,徂徠は号。将軍徳川綱吉の侍医荻生方庵の次男として江戸に出生。14歳のとき江戸払いに処された父に従い家族とともに上総国本納(母方在所)に移住。以後足かけ12年間を辛苦のうちに田舎で過ごす。《四書大全》などを読み大内流軍学を外祖父から学ぶ。のち許されて江戸に戻り舌耕生活を送る。1696年(元禄9)柳沢保明(のち吉保)に仕える。藩公用日誌の編纂,将軍綱吉から保明に預けられた小姓衆の教育に従事。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

おぎゅうそらい【荻生徂徠】

1666~1728) 江戸中期の儒学者。江戸の人。名は双松なべまつ、字あざなは茂卿しげのり、通称は惣右衛門。徂徠は号。物部氏より出たので物ぶつ徂徠などと称する。初め朱子学を学んだが、のち古文辞学を唱え、古典主義に立って政治と文芸を重んずる儒学を説いた。柳沢吉保・徳川吉宗に重用された。著「弁道」「論語徴」「蘐園随筆」「南留別志なるべし」「訳文筌蹄」など。 → 蘐園けんえん学派

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

荻生徂徠
おぎゅうそらい

[生]寛文6(1666).2.16. 江戸
[没]享保13(1728).1.19. 江戸
江戸時代中期の古文辞学派の儒学者。名は雙松 (なべまつ) ,字は茂卿 (しげのり) ,通称惣右衛門,号を徂徠 (徂来とも) ,別号 蘐園 (けんえん) 。父方庵 (法眼景明) は徳川綱吉の侍医,徂徠はその次男。林春斎,鳳岡に学んだ。柳沢吉保に仕え,吉保隠退後は日本橋茅場町,いわゆる 蘐園の地に居を構え子弟に講義したので彼の門流を蘐園学派という。その学問は政治社会に対する有用性を眼目としており経世済民の儒学と概括することができる。初め伊藤仁斎に私淑するがやがて終生の対決者となる。それは徂徠の側での感情的な問題もあるが,根本的には考え方の相違による。徂徠にとって道は中国の古聖人の制作になる利用厚生の道,礼楽刑政の道であって,客観的な制度,技術つまり「物」である。それは仁斎や朱子におけるように主観的でとらえどころのないものとは異なる。道が客観的な物であるがゆえに統一的な政治社会が成立する。徂徠は朱子とともに仁斎の内面的な道徳性による社会の基礎づけを根拠のないものとして退ける。道徳的な優越者という一般的な聖人理解を排し,制作者として聖人をとらえるところにも,経世済民の学であることを目指した徂徠学の性格をみることができる。このような制度文物としての道になにゆえ従わなくてはならないかを明らかにする方法として,制度文物とおのおのの時代状況との連関を問う古文辞学が位置づけられる。そこに歴史的実証的な態度がうかがえるがその究極には聖人への帰依が控えていることを忘れてはならない。徂徠は政治社会の統一と安定を目指したが,それは大本を確固とすれば個々の事象についてはそれぞれの個別性を容認していた。したがって公的な側面に対する私的な側面,特に詩文の領域は尊重された。徂徠の学風のこの面もきわめて重要である。徂徠の学風は古文辞学の方法と相まって国学の成立に大きな影響を与えた。著書『政談』『弁名』『弁道』『論語徴』『太平策』『大学解』『 蘐園随筆』『学則』『徂徠先生答問書』など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

荻生徂徠
おぎゅうそらい
(1666―1728)

江戸中期の儒学者。幼名は双松(なべまつ)、字(あざな)は茂卿(もけい)、通称は惣右衛門(そうえもん)、号が徂徠である。荻生氏の本姓は物部(もののべ)氏と伝えられ、中国風の一字の姓として、物(ぶつ)茂卿とも署名した。先祖は三河(みかわ)または伊勢(いせ)の武士で、祖父の代から医師となり、父方庵(ほうあん)(1626―1706)は徳川綱吉(当時は館林(たてばやし)藩主)の侍医であった。徂徠は寛文(かんぶん)6年2月16日に江戸で生まれたが、14歳のとき、父が綱吉の怒りに触れて江戸から追放され、一家は母の郷里である上総(かずさ)国長柄(ながら)郡本納(ほんのう)村(現、千葉県茂原(もばら)市)に移った。ここで農村の不自由な生活を体験し、また乏しい書籍を熟読して勉学したことが、徂徠の学問の基礎となった。25歳(一説では27歳)のころ、父が赦免されて一家は江戸に帰り、徂徠は芝の増上寺(ぞうじょうじ)の付近で私塾を開いたが、やがてその学力を認められて、31歳の1696年(元禄9)から柳沢吉保(やなぎさわよしやす)に仕え、将軍綱吉にも接近する機会をもつようになった。柳沢家の臣として、『晋書(しんじょ)』など中国の史書の校注・出版や、また綱吉の伝記『憲廟(けんびょう)実録』の編纂(へんさん)などに従事し、その功績により禄高(ろくだか)500石にまで昇進した。この間、1709年(宝永6)に綱吉が没すると、幕府での権勢を失った主君吉保の配慮により、徂徠は藩士の身分のまま、藩邸を出て、江戸市中で自由な学者として活動することを許された。最初に日本橋茅場町(かやばちょう)に住んだので、その書斎を(けんえん)と称し、徂徠が牛込(うしごめ)などに転居したのちも、園を号として用い、門人たちは園社中とよばれた。
 徂徠は早くから漢文を精密に読むことに努力し、辞書『訳文筌蹄(せんてい)』などの成果をあげていたが、40歳の前後から、明(みん)の李攀竜(りはんりゅう)、王世貞(おうせいてい)らが唱えた文学理論としての古文辞(こぶんじ)の影響を受け、中国古代の言語や文章の実証的研究を進めるとともに、この方法を経学すなわち儒学の古典の解釈学に適用して、古文辞学という新しい学風を樹立した。1714年(正徳4)に出版した『園随筆』では、まだ朱子学の立場から伊藤仁斎(じんさい)の学問を批判していたが、1717年(享保2)の著『弁道(べんどう)』『弁名(べんめい)』になると、仁斎よりもいっそう徹底した朱子学批判を展開するとともに、「道」とは、先王(古代中国の帝王)が天下を治めるために作為した「礼楽刑政」すなわち政治制度のことであるとし、道徳よりも政治の方法に重点を置く独自の思想を主張している。こののち徂徠は、1721年に幕府から『六諭衍義(りくゆえんぎ)』に訓点をつけることを命ぜられ、まもなく将軍吉宗(よしむね)から間接に政治上の諮問を受けるようになった。この諮問に答え、幕府政治の改革案を述べた著書が『政談』である。吉宗には徂徠を幕府に登用する意志があったと伝えられるが、徂徠は享保(きょうほう)13年1月19日に病死したので、実現をみなかった。墓は長松寺(ちょうしょうじ)(東京都港区三田)にある。
 著書はほかに『論語徴(ろんごちょう)』『学則』『答問書』、および法律に関する『明律国字解(みんりつこくじかい)』、兵学に関する『(けんろく)』など、多方面にわたっている。徂徠の性格は、学問上では細心であったが、対人関係では豪放で寛容であり、多様な個性の尊重を説くその教育論に基づいて、太宰春台(だざいしゅんだい)、服部南郭(はっとりなんかく)をはじめ、多くの優れた学者や文人を門下から輩出させることとなった。また、徂徠の独創的な学風や思想が、本居宣長(もとおりのりなが)らによる国学の形成に影響を及ぼしたとみられるのも、重要な事実である。[尾藤正英]
『『荻生徂徠全集』全20巻(1973~ ・みすず書房) ▽『日本思想大系36 荻生徂徠』(1973・岩波書店) ▽『日本の名著16 荻生徂徠』(1983・中央公論社) ▽岩橋遵成著『徂徠研究』(1934・関書院/復刻版・1969・名著刊行会) ▽吉川幸次郎著『仁斎・徂徠・宣長』(1975・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の荻生徂徠の言及

【安藤東野】より

…早くから江戸に出て儒学を学び,柳沢吉保に仕えた。同じく柳沢家に仕えていた荻生徂徠に1706年(宝永3)ころ入門し,以後徂徠が儒学界に名声を確立してゆくのをかたわらにあってよく助けた。山県周南と並んで徂徠のもっとも古くからの門人で,やがて18世紀中期に全盛期を迎える古文辞派(徂徠学派)の漢詩人たちの先輩格に当たる。…

【漢詩文】より

…この文学観の影響のもとに,仁斎の学塾古義堂の門人たちやその周辺の人々,仁斎の長子伊藤東涯,伊藤担庵,宇都宮遯庵(とんあん),鳥山芝軒(しけん)などが,前代よりも自由な詩文活動を展開した。 享保期(1716‐36)に入って,江戸の荻生徂徠が仁斎学よりもさらに徹底した反朱子学の儒学説(徂徠学)を唱える。徂徠学では,儒学で追求する道とは天下を治める政治の道であって,道徳にはかかわらないと説いたため,人の内面は完全に儒学の拘束から解放されることになった。…

【経世済民論】より

…それとともに,ロシアの南下を先ぶれとする西洋列強による〈外圧〉への評価と対応も,敏感な経世家には早くからみられた。
[先駆――蕃山,徂徠など]
 熊沢蕃山(1619‐91)と荻生徂徠(1666‐1728)は,それぞれの異質性はありながら,経世済民論の先駆者とみてよい。君臣関係はもとよりいっさいの人間の道徳的関係を〈自然の理〉として絶対化し,富への欲望を封建道徳ときびしく対立させた官製の朱子学に対し,蕃山は〈仁政ヲ天下ニ行ハン事ハ,富有ナラザレバ叶ハズ〉〈人君仁心アリトイヘ共,仁政ヲ不行バ徒善(むだ)也〉と述べ,富・人君のあり方を既成の規範から解放した。…

【蘐園雑話】より

…1巻。荻生徂徠(蘐園は別号)とその門人太宰春台,服部南郭,平野金華らの言行を記録した書。徂徠の博大で思いやりの厚い人柄のもとで,門人たちが個性豊かにのびのびと活動した様子が,多くのエピソードを通じて具体的に描かれており,江戸中期の思想史上,文学史上に大きな足跡を残した徂徠一門の実態を伝えている。…

【公私】より

…中国において,古代より論議され続けてきた対立的命題。江戸期の荻生徂徠は次のように明解に定義する。〈公なるものは私の友なり。…

【古文辞】より

…《周易》繫辞上の〈擬議して以て其の変化を成す〉が,模擬を主張する根底の理論となっている。江戸時代に荻生徂徠が李攀竜に心酔して,その古文辞を紹介し,李攀竜編と伝えられる〈唐詩選〉を流行させた。李攀竜らは文学の理想のすがたとして古文辞を唱導したが,徂徠は古文辞を修得した後に経書の理想に迫り,礼楽刑政の各方面において,それを究めて,政治に実現することを目標とした。…

【実学】より

…江戸前期では,仏教を虚学とし,儒教とくに朱子学を実学と考えた林羅山,中江藤樹らによれば道徳的実践,人間的真実の追求こそ実学と考えられた。古学派があらわれるに及び,山鹿素行は日常生活における道徳的実践と結びついた学問を実学とし,荻生徂徠によると歴史学にみられる事実に即した学問のなかに実学は成立すると考え,価値判断から自由な事実認識の上にたつ実証的な学問こそ真の学問であるとして,従来の道徳的実践を中心におく学の大変革を行った。 徂徠以後,実学思想は一変した。…

【政談】より

…江戸幕府の支配体制に弛緩を生ぜしめている根本的原因を指摘し,当面の対策を論じて,8代将軍徳川吉宗に呈した意見書。荻生徂徠著。4巻。…

【徂徠学】より

…江戸中期の儒者荻生徂徠(1666‐1728)が唱えた儒学思想。その内容は徂徠の主著《学則》《弁道》《弁名》《徂徠先生答問書》などに述べられる。…

【太平策】より

…1巻。著者は荻生徂徠と伝えられるが,今日に至るも異論があり確定せず,成立年代も明らかでない。内容は聖人の道が治国安民の道たることを強調して,礼楽制度の確立を論じ,当時の困窮を救う方法として武士町人の土着帰郷を説くところは《政談》と類似している。…

【徳】より

… 一面において徳の包括性が分化してゆき,他面,徳が儒学の古典を離れて言葉として自立してゆく過程が,その後に生ずる。荻生徂徠は,〈仁義礼智〉の全体を徳とする仁斎に反して,〈仁智〉のみが徳であり〈礼義〉は道の名であるとした。そう見る背景には次の徳の定義がある。…

【弁道】より

荻生徂徠の著書。1717年(享保2)7月成稿。…

【満州語】より


[日本での研究]
 満州語・満州文字の知識は,日本にも江戸時代初期から入り,満州文字で書いた千字文を付録につけている《千字文註》という書物も入り,日本でも復刻された。荻生徂徠は《満文考(満字考)》を著し,満州文字の構成をわかりやすく示そうとした。1804年(文化1)にロシアの使節N.P.レザノフが長崎に持参した国書は満州語でも書かれていた。…

【明律国字解】より

…中国,明代の基本法典を日本語で解説した書。荻生徂徠(おぎゆうそらい)の著。16巻。…

【訳文筌蹄】より

荻生徂徠の著。6巻。…

【論語徴】より

荻生徂徠(1666‐1728)の著した《論語》の注釈書。10巻。…

※「荻生徂徠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

荻生徂徠の関連情報