明心(読み)あかきこころ

精選版 日本国語大辞典の解説

あかき【明】 心(こころ)

(「赤心」を訓読した語か) 実な、偽りのない心。まごころ。清き心。
※万葉(8C後)二〇・四四六五「かくさはぬ 安加吉許己呂(アカキココロ)を すめらへに 極め尽して 仕へ来る 祖(おや)のつかさと」

みょう‐しん ミャウ‥【明心】

〘名〙 仏語。心を明らかにすること。さとりを開くこと。また、明らかな心、さとりの心。
※凌雲集(814)逸人詞〈賀陽豊年〉「明心高翫晩秋

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

明心の関連情報