明星の(読み)アカボシノ

デジタル大辞泉の解説

あかぼし‐の【明星の】

[枕]明星が明け方に出るところから「明く」または同音の「飽く」にかかる。
「―明くる朝(あした)は」〈・九〇四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あかぼしの【明星の】

( 枕詞 )
「あくる朝あした」にかかる。 「 -あくる朝はしきたへの床の辺去らず/万葉集 904
同音であることから、「飽かぬ」にかかる。 「 -飽かぬ心に/古今六帖 1

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あかぼし‐の【明星の】

明け方に輝く星の意で、「明く」にかかり、また、同音の「飽く」にもかかる。同じ音を繰り返す効果も兼ねた表現。
※万葉(8C後)五・九〇四「明星之(あかぼしの) 明くる朝(あした)は」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

明星のの関連情報