明星(読み)あかぼし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

明星
あかぼし

金星」のページをご覧ください。

明星
みょうじょう

文芸雑誌。第1次は 1900年4月~08年 11月,第2次は 21年 11月~27年4月。いずれも与謝野鉄幹主宰。第3次は 47年5月~49年 10月。鉄幹の子の光が主宰。文学史上の意義はほとんど第1次に限られる。『万葉集』尊重の立場から新派和歌を唱導した鉄幹が 1899年結成した東京新詩社機関誌として発刊された。創刊時は新聞体。鉄幹の妻与謝野晶子の奔放な情熱的歌風が大きな刺激となり,浪漫主義,芸術至上主義,唯美主義の傾向に転じ,森鴎外,上田敏らの後援もあって一大芸術誌に発展した。窪田空穂相馬御風高村光太郎岩野泡鳴茅野蕭々茅野雅子石川啄木木下杢太郎長田秀雄長田幹彦北原白秋岡本かの子小山内薫,阿部次郎ら数多くの俊秀を世に送った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あか‐ぼし【明星/赤星】

明け方に東の空に見える金星明けの明星。あかほし。
さそり座のアンタレス

みょう‐じょう〔ミヤウジヤウ〕【明星】

明るく輝く星。特に金星(きんせい)をいう。「明けの明星」「宵の明星
その分野で最もすぐれ、人気がある人。「楽壇の明星」「歌の明星

みょうじょう【明星】[書名]

詩歌雑誌。与謝野鉄幹(よさのてっかん)主宰の新詩社の機関誌。第一次は明治33年(1900)4月創刊、明治41年(1908)11月廃刊。浪漫主義に基づき、短歌の革新などに貢献。与謝野晶子高村光太郎石川啄木木下杢太郎(きのしたもくたろう)吉井勇北原白秋らが活躍。のち、二度復刊された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

明星【みょうじょう】

詩歌雑誌。新詩社の機関誌として1900年4月創刊。主宰与謝野鉄幹。5号までは新聞体,6号以後四六倍判の雑誌とした。森鴎外上田敏らの賛助を得て,相馬御風高村光太郎与謝野晶子山川登美子,平野万里,石川啄木吉井勇北原白秋その他が参加寄稿。詩歌を中心に創作,評論,翻訳等を載せ西洋名画を紹介するなど,明治20年代の《文学界》に続いて近代日本浪漫主義の発展のために大きな役割を果たした。自然主義流行の気運におされて1908年11月100号で廃刊したが,《スバル》はその後身とみられる。鉄幹主宰の第2次,与謝野光主宰の第3次もあるが文学史的意義は乏しい。
→関連項目アール・ヌーボー金子薫園木下杢太郎窪田空穂短歌富田砕花根岸短歌会みだれ髪

明星【みょうじょう】

金星のこと。日没後西天に見えるのを宵(よい)の明星,日の出前東天に見えるのを明(あけ)の明星という。それぞれ約290日続いて交替する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みょうじょう【明星】

文芸雑誌。与謝野鉄幹主宰の新詩社の機関誌として,1900年(明治33)4月に創刊され,08年11月通算100号で終わった。初めは新聞型で6号から四六倍判の雑誌となる。史的にみれば,明治20年代の《文学界》に続く浪漫主義の牙城で,高村光太郎,石川啄木,北原白秋ら多くの新人を育てた。詩歌に主力が注がれ,長編叙事詩の制作や海外の象徴詩の移入など,新体詩界に貢献した。この雑誌を母胎として生まれた詩集としては上田敏《海潮音》,啄木《あこがれ》,白秋《邪宗門》などをあげることができる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

みょうじょう【明星】

金星。 「明けの-」

みょうじょう【明星】

詩歌雑誌。1900年(明治33)創刊、08年廃刊。与謝野鉄幹・晶子を中心に、森鷗外・上田敏らが賛助し、高村光太郎・石川啄木・北原白秋・木下杢太郎らが同人として活躍。明治30年代の浪漫主義的傾向を領導。のち、大正と第二次大戦後の二度にわたり復刊。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

明星
みょうじょう

与謝野鉄幹(よさのてっかん)の主宰した新詩社の詩歌雑誌。第一次は1900年(明治33)4月創刊、8年11月廃刊。
 第一次『明星』は新詩社に集まった人材によるわが国の浪漫(ろうまん)主義運動の中核として新しい詩歌の時代を展開した。その内容は詩や評論、古典の研究、海外文学の紹介などで、装丁や挿絵などの点でも特色を示しながらとくに浪漫詩から象徴詩の時代にかけて大きな役割を果たした。鉄幹は早く和歌革新を叫んでいたが、本誌の短歌欄における与謝野晶子(あきこ)の活躍は明星派の歌風を築くうえに大きな功績を示し、短歌に近代性を与えて、当時の歌壇で主導権を得た。さらに浪漫主義、芸術至上主義、唯美主義の傾向を明らかにして、北村透谷(とうこく)、島崎藤村(とうそん)らの『文学界』を継承する浪漫主義の牙城(がじょう)となった。上田敏(びん)、蒲原有明(かんばらありあけ)らによる象徴詩の紹介と実践も意義深く、山川登美子(とみこ)、山本露葉(ろよう)、水野葉舟(ようしゅう)、相馬御風(そうまぎょふう)、前田林外(りんがい)、平出修(ひらいでしゅう)、薄田泣菫(すすきだきゅうきん)、小山内薫(おさないかおる)、石川啄木(たくぼく)、北原白秋(はくしゅう)、吉井勇(いさむ)、木下杢太郎(もくたろう)らも活躍し、広く文学美術評論の詞華人を輩出したことにも功績があった。なお鉄幹の『紫』、晶子の『みだれ髪』は本誌を母胎とする著作である。復刻版(1964・臨川書店)がある。なお第二次(1921.11~27.4)、第三次(1947.5~49.10)も出されている。[古川清彦]
『『明治文学全集51 与謝野鉄幹・与謝野晶子集』(1968・筑摩書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

みょう‐じょう ミャウジャウ【明星】

[1] 〘名〙
① 明るく輝く星。特に、宵の西の空、明け方の東の空に輝く金星をいう。あかぼし
※神楽歌(9C後)明星「〈本〉きりきり 千歳栄(ぜんざいやう) 白衆等(びゃくすとう) 聴説晨朝(ちゃうせちしんてう) 清浄偈(しゃうじゃうげ) や あかぼしは 明星は くはや ここなりや」 〔詩経‐陳風・東門之楊〕
② 万人がその徳、技芸を仰ぐほどの人をたとえていう語。また、ある社会で最も人気のあるもの。
※安吾新日本地理(1951)〈坂口安吾〉道頓堀罷り通る「花柳有洸 お名前で一目リョウゼン。関西新舞踊の明星である」
[2]
[一] 詩歌中心の文芸雑誌。東京新詩社の機関誌。第一次は与謝野鉄幹を中心に明治三三年(一九〇〇)四月から同四一年一一月まで、通巻一〇〇号刊行。浪漫主義に基づき短歌・新体詩の革新に大いに貢献した。与謝野晶子・山川登美子・窪田空穂・高村光太郎・石川啄木・木下杢太郎・北原白秋・吉井勇らが活躍し、明星派を形成した。のち第三次まで二度復刊。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の明星の言及

【当身技】より

…当(あて),当身,当技(あてわざ)ともいう。人体の急所とされる天倒(てんとう)(頭頂部),烏兎(うと)(みけん),霞(かすみ)(こめかみ),人中(じんちゆう)(鼻下),水月(すいげつ)(みぞおち),明星(みようじよう)(下腹部),電光(でんこう)(右ひばら),月影(げつえい)(左ひばら),釣鐘(つりがね)(睾丸),ひざ関節などを,こぶし,指先,ひじなどで突いたり,こぶし,手刀などで打ったり,ひざ,蹠頭(せきとう),かかとなどでけったりして相手に苦痛をあたえ参らせる技である。現在は乱取(らんどり)(自由練習)や試合における勝敗が中心となり,投げ技と固め技だけが使われ,当身技は危険であるので禁じられているため,活用がおろそかになっている。…

【アール・ヌーボー】より

…黒田から刺激を受けた杉浦非水(1876‐1965)は,日本でグラフィック・デザインの分野を切り開いた。1900年に発刊された《明星》では,一条成美(1877‐1910),藤島武二らがアール・ヌーボー様式の表紙,挿絵を描いた。また,1903年ロンドンから帰国した夏目漱石は橋口五葉に,新しい装飾の傾向を伝えている。…

【イラストレーション】より

…洋画家が多く挿絵界に進出するのは96年の白馬会結成,東京美術学校西洋画科新設のころからである。第2次《新小説》は96年7月の創刊号に浅井忠の石版口絵,中村不折と川村清雄の挿絵を用いているが,与謝野鉄幹が1900年創刊した《明星》は,〈画入月刊文学美術雑誌〉と謳ったように,洋画家を大いに起用している。表紙を手がけたのは長原孝太郎,一条成美,藤島武二,和田英作であり,白滝幾之助,黒田清輝,岡田三郎助,青木繁,中沢弘光ら数多くの洋画家の挿絵,カットが誌面をにぎわせた。…

【ミュシャ】より

…花と女を曲線によって平面的に描く彼のスタイルはアール・ヌーボーの典型であった。日本でも雑誌《明星》(1900創刊)の表紙やさし絵を描いた一条成美,藤島武二などにミュシャの作風があらわれている。13年ロシアに旅してスラブ民族の血を呼びさまされ,晩年は故国で大作《スラブ叙事詩》に全力を傾けた。…

【ロマン主義】より

… 絵画と比べて,彫刻におけるロマン主義は,それほど華やかな成果を見せてはいないが,パリのエトアール凱旋門の《義勇軍の出発》の作者リュードや,《怒れるオルランド》のデュセニュール,《戦争》のプレオーなどが挙げられる。 日本においては,文学において明星派や島崎藤村の活躍した明治30年代に,藤島武二や青木繁が,歴史趣味や華やかな幻想性に満ちた華麗清新な作品をつくり出したが,日本における西欧文化輸入の時代のずれにより,そこには,西欧の世紀末的雰囲気が色濃く反映されている。【高階 秀爾】
[近代日本のロマン主義文学]
 明治期の日本の文学は,ヨーロッパのロマン主義の影響を強く受けた。…

※「明星」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

明星の関連情報